橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術と術後合併症

お気に入り数 5
竹林崇 大阪府立大学 教授

現在の橈骨遠位端骨折に対する手術療法において,掌側ロッキングプレート固定術は最もスタンダードな方法の一つである.この固定術の急速な台頭により,強固な固定と早期から積極的なリハビリテーションが可能となっている.その一方で,手術後の合併症も散見されている.今回は,掌側ロッキングプレート固定術の概要と術後合併症を中心に解説する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム