カラダの専門家の教える・学ぶを日常に

XPERTは、ヘルスケア、スポーツに関わる
専門家のためのセミナー検索サービスです。

◼︎ セミナーの開催をご希望の方

新着セミナー

いまさら聞けない解剖学 骨盤帯・股関節・大腿編

参加受付中
  • 0

開催日: 2019.10.20 10:00 - 10:00
料金 : ¥7,000
エリア: 東京都千代田区

町田 志樹

臨床福祉専門学校 理学療法学科 専任教員

IMPROVE SEMINAR

参加受付中
  • 2

開催日: 2019.09.08 10:00 - 16:00
料金 : ¥13,000
エリア: 福岡県福岡市博多区

伊藤 良彦

㈱R&S COMPANY 代表取締役

仙台開催【運動と感覚の統合:腰痛/歩行】

参加受付中
  • 0

開催日: 2019.09.28 10:00 - 17:00
料金 : ¥54,000
エリア: 宮城県仙台市青葉区

近藤 拓人

AZCARE 株式会社 代表取締役

疼痛リハビリテーション<仙台開催> -基礎から臨床展開まで-

参加受付中
  • 0

開催日: 2019.09.29 10:00 - 16:00
料金 : ¥8,640
エリア: 宮城県仙台市青葉区

田中 創

福岡整形外科病院 リハビリテーション科 主任

疼痛リハビリテーション<福岡開催> -基礎から臨床展開まで-

参加受付中
  • 1

開催日: 2019.10.27 10:00 - 16:00
料金 : ¥8,640
エリア: 福岡県福岡市博多区

田中 創

福岡整形外科病院 リハビリテーション科 主任

ベーシックストレングスの理論と実践 -BIG3の動作習得から段階的プログラミングまで-

参加受付中
  • 0

開催日: 2019.08.18 12:00 - 17:00
料金 : ¥10,800
エリア: 徳島県板野郡北島町

内野 健太

株式会社Best Performance Laboratory トレーナー

現場で即使える機能神経科学リハビリ&コンディショニング

参加受付中
  • 3

開催日: 2019.10.20 10:00 - 17:00
料金 : ¥12,960
エリア: 福岡県福岡市東区

根城 祐介

自営 アスレチックトレーナー・パーソナルトレーナー

体幹&上肢の運動戦略とマニュアルアプローチ

参加受付中
  • 2

開催日: 2019.08.11 9:30 - 16:30
料金 : ¥12,960
エリア: 福岡県福岡市東区

杉山 幹

フリー アスレティックトレーナー

現場へのビジョントレーニングの導入:level 1

参加受付中
  • 0

開催日: 2019.08.11 10:00 - 16:30
料金 : ¥22,000
エリア: 大阪府堺市堺区

後藤 玄

トリガーポイント 代表

XPERT会員登録

XPERT会員は「セミナーの受講」「セミナー講師としての登壇」「セミナーの主催」の3つの機能をご利用いただけます。

トピックス

これからの時代はPDCAでは生き残れない!

ビジネス / 2019.07.10

皆さんは仕事の場で「PDCAを回せ!」などという言葉が当たり前にとび回っていませんか? 実はPDCAはすでに古いといわれています。正確に言えば「PDCAだけでは」対応できない社会スピードになっているということです。 最近ではPDCAに変わりOODA(ウーダ)が注目されています

坂元大海

アークメディカルジャパン株式会社 代表取締役

世界最先端の医療現場はここまで来ている!

医療・介護 / 2019.07.09

世界的に医療とITを組み合わせることでより精度の高い診断や治療効果を期待する働きが加速的に普及してきています。今回はHIMSSで報告された2019年のトレンドの一つであるVRとARについて先進国である米国での実例をご紹介いたします。

坂元大海

アークメディカルジャパン株式会社 代表取締役

田中創の痛みコラム 3-(3)痛みの情報を識別する脳の役割 「認知的側面 (痛みの意義の認識・分析)」

医療・介護 / 2019.07.03

今回は脳内における痛みの識別の中でも認知的側面について取り上げます。認知的側面とは、現在感じている痛みが過去に経験した痛みと比較してどのような意味を持つかを認識・分析することを指します。そこには、過去の痛み体験や痛みに対する注意の向けかた、痛みへの予測などが影響します。 痛みの認知的側面には、頭頂連合野や前頭前野といった領域が関わっています。頭頂連合野は多感覚統合領域といわれていて、様々な感覚情報(視覚、表在感覚、深部感覚、痛み…など)を統合して身体イメージを形成する部位です。

田中 創

福岡整形外科病院 リハビリテーション科 主任

田中創の痛みコラム 3-(2)痛みの情報を識別する脳の役割 「情動的側面 (痛みによる感情の変化)」

医療・介護 / 2019.06.24

前回までにお伝えしてきたように、痛みの刺激が加わると、身体に関する痛みの情報だけでなく、その痛みをどのように感じるか?という情動的側面に関わる脳領域が同時に賦活されます。 痛みを感じた時に「嫌な感じがする」「怖い」「不安になる」...など、このような不快な感情には、それぞれ関わっている脳領域があります。主に、大脳辺縁系である扁桃体、島、前帯状回などです。扁桃体は痛みの不安や危険性、恐怖学習に関与します。島は痛みの予期や不快感、前帯状回は痛みの経験や社会的疎外感といった部分にまで関わるとされています。

田中 創

福岡整形外科病院 リハビリテーション科 主任

田中創の痛みコラム 3-(1)痛みの情報を識別する脳の役割

医療・介護 / 2019.06.13

前回のコラムでご紹介したように、痛み関連脳領域の中で身体の痛み情報(痛みの部位、程度、持続性など)の識別を担っているのは主に体性感覚野という部位です。体性感覚野は痛みの識別以外にも、感覚情報(表在感覚、深部感覚など)の識別にも関わっています。ホムンクルスの図で知られるように、体性感覚野はそれぞれの身体の部位の情報を識別しています。

田中 創

福岡整形外科病院 リハビリテーション科 主任

土屋のGライフスキル

トレーニング・フィットネス / 2019.06.08

今回はGライフスキルに関して、できるまでの経緯や開発者である土屋氏の想いについて書いていただきました。 下記本文より) 物事が悪い方向に向かう。もう終わりだと思って悲しくなる。 あなたはこんな時、どうしますか。 終わりだと思ったとき、諦めるか戦うかという決断に大きな感情を使うばかりが策ではありません。問題を解決する方法が何かあるはずです。

土屋未来

株式会社g-zone 取締役