1. ホーム
  2. コラム
  3. XPERT認定講師5名がおススメする書籍16選

XPERTに登録されている講師にご紹介いただいた「おススメ書籍」のコラムのまとめです。自宅での時間が増えた今、是非読んでみてはいかがでしょうか?

目次

    理想のリーダー像を模索している方へ。リーダーシップに関するオススメ書籍をご紹介(坂元大海氏)

    理想のリーダーとは、どのようなリーダーか?それは、組織や環境などによって大きく異なるもの。世のリーダーたちは、その在り方についていつも悩んでいることでしょう。しかし、そこには100%正しい答えというもの自体が存在しないのかもしれません。
    それでも、リーダーたちは、人を束ねるものとしてどう考え、どう立ち振る舞い、どう導くことが適切であるか、常に考え抜き、実践しなければなりません。

    道を究めるための「在り方」とは?その答えが見つかる書籍をご紹介(沓脱正計氏)

    趣味や仕事を究めようとするとき、大切になるのが「生きる姿勢」「心構え」など、人としての「在り方」ではないでしょうか。自分の在り方が揺るぎないものであるからこそ、信念を貫き、目標に向かって進んでいくことができるのでだと思います。その「在り方」は、お題目のように箇条書きされているものも、わかりやすくてよいのですが、やはり人の生きざまから読み取っていくことが、もっとも心に響くでしょう。

    月経サイクルのメカニズムに関する書籍のご紹介(漆川沙弥香氏)

    これまでの日本におけるウィメンズヘルスケアの位置づけは、主に産科領域での扱いが主でした。しかし、近年では海外でのウィメンズヘルスの発展に伴い、その領域は徐々に拡大し、「女性の一生涯にわたる心身の健康」として捉えられるようになってきました。つまり、思春期から老年期にわたっての各年代における生理的、身体的な変化や学校や仕事、家庭といった環境変化に対して起こりうる女性特有の問題に対して、医療機関だけでなく多くの分野の専門家が協力して対応していかなければいけない時代に変化してきています。

    そこで、今回は多様性が求められているウィメンズヘルス分野において、身体の専門家である我々が必要とされる知識と技術を身に着けるための必読書としておすすめの書籍を2冊ご紹介させていただきます。

    我々に必要な人間力とは?身体の専門家としての本質を磨くための書籍のご紹介(合原 勝之氏)

    医療従事者やトレーナー、インストラクターなどヘルスケア業界で活動する我々にとって「心技体」を高めることは重要ですが、多くの人は専門的知識や技術の習得に対する比重が大きくなり、「心」の部分が疎かになっている方が多い印象を私は受けます。IoTの進化により、劇的なスピードで社会の流れが変わっていく時代の中で、我々は何を学び、何を考え、どのように行動すればよいのでしょうか?
    AIが今後もたらす社会への影響として、10~20年後に日本の労働人口の49%がAIやロボットに代替されるとの予測が出されています。我々の業界に与える影響として姿勢分析などは、AIが瞬時に判断し、評価から最適なプログラム立案まで行うようになるでしょう。

    動物である人間を探求する積読リスト~動作学の入り口 (山本邦子氏)

    今回はトレーナーそしてヨガインストラクターとして、現場に立ちながらも教育活動を積極的に行われるとともに、さらに学びを深めるために博士課程に在籍されている山本邦子氏にお勧めの書籍をご紹介いただきました。山本氏によって開発されたA yogaは感覚システムにフォーカスし、心と身体の両面における健康づくりや、内省により自分らしい人生を送るための動作教育法であり、指導者育成のための養成コースも全国で開催されています。今回ご紹介いただいた書籍はいずれもヨガインストラクターだけでなく、身体に関わる専門家にとってヒトを新たな視点でとらえるきっかけになることと思います。

    この記事に関連するタグ

    興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。登録はこちら)

    人気コラム

    もっと見る

    コラムで人気のタグ

    タグをフォローしておくことで、自身のフィードに興味のあるセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。登録はこちら)

    注目執筆者

    もっと見る

    コラムカテゴリ