近年、リハビリテーションを行う上で、「アウトカム」の重要性が多くの療法士に認識されている。しかし、このアウトカムが認識され始めたのは1990年代からであり、それまでは教育すら行われない時期もあったという。また、アウトカムに対する教育における本邦と海外との意外な違いがあることにも驚かされる。
今回は、アウトカムに関する国内外での違いと、脳卒中後の上肢麻痺に用いられる代表的なアウトカムを解説する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム