世界の脳卒中後上肢のリハビリテーションのエビデンス(2)

お気に入り数 10
竹林崇 大阪府立大学 教授

前回のコラム『世界の脳卒中後上肢のリハビリテーションのエビデンス(1)』では、本邦における作業療法にて利用されている脳卒中後の上肢麻痺に対するアプローチの推移について示した。本コラムでは、前回の内容に引き続き、アメリカ心臓/脳卒中学会が行うことを推奨している脳卒中後の上肢麻痺に対する手法、1)課題指向型アプローチ、2)CI療法、3)ロボット療法、4)電気刺激療法、5)メンタルプラクティス、について引き続き解説を加えていく。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム