人工膝関節置換術に対するリハビリテーション|Prehabilitation:痛みの評価(定量的感覚検査)

お気に入り数 5
田中 創 福岡整形外科病院 リハビリテーション科 科長

第7回目では痛みの評価として、定量的感覚検査(Quantitative sensory testing|QST)について取り上げていきます。
痛みの領域では、近年盛んに実施されるようになってきた評価ですが、まだまだ馴染みがなく、QSTという用語自体を聞いたことがないという方も多いのではないかと思います。
しかし、TKAにおいては術前のQSTによる評価が遷延性術後痛を予測する因子としても注目されるようになってきています。
本コラムで紹介させていただくQSTはほんの一部に過ぎませんが、ぜひこれを機にQSTに関する理解を深めていただき、臨床の一助として活用いただければと思います。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム