痙縮シリーズvol.1:痙縮のメカニズムと疫学

お気に入り数 7
竹林崇 大阪公立大学 教授

脳卒中後に合併する痙縮は,機能改善の阻害因子だけでなく,ADL障害,疼痛などに影響を及ぼすとされている.
痙縮の増悪に関する要因は複数に渡ることから,脳卒中後に生じる運動障害の病態を詳細に分析することが求められる.
本コラムでは,痙縮の病態,有病率,危険因子について解説する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム