【新人理学療法士は必見】臨床でよく使う略語を現役PTが紹介!

お気に入り数 2
XPERT XPERT 管理者

「入職したばかりで略語がわからずとまどっている」
「なぜ略語は使用される?」
医学用語の略語は、カルテや申し送りで頻繁に使われます。
そのため理学療法士(Physical Therapist:以下PT)は、カルテや申し送りで共有される情報を理解するために略語の意味を把握する必要があります。
また、略語を使いこなせれば医学用語が短縮でき、記録やスタッフ間の情報共有がスムーズになるでしょう。
そこで本記事では、現役PTの筆者が臨床でよく使う略語を厳選して紹介します。
略語の理解を深めるきっかけとして、本記事をぜひ参考にしてみてください。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム