神経筋促通術としてのボバースコンセプトの位置づけ

お気に入り数 0
竹林崇 大阪府立大学 教授

前回のコラムでは、痙縮をキーワードにボバースコンセプトにおける良好なエビデンスについて記載した。
今回は神経筋促通術と言われた背景から体幹機能をキーワードにエビデンスを紹介しながら、現在の位置づけについて考えてみる。
引き続き、ボバース法やボバースコンセプトなど表現に差が出ないよう本コラムではボバースコンセプトで用語を統一する。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム