前十字靭帯再建術 (Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: ACLR) 後の装具装着の有無について,「装具をしている施設と,していない施設があるけど,どうして?」「本当に装具は必要なのか?」といった質問を受けることがあります.

そこで今回は,ACLR後の装具装着に関してエビデンスを含めて解説したいと思います.

ACLR後の装具の種類と値段

ACLR後の装具の種類と値段

ACLR後の装具として昔よりよく耳にするのがドンジョイ (1) ” 装具1) だと思います.

私はラグビーをしていたのですが,全く医療に関わっていない先輩もドンジョイの名前は知っており,耳に残りやすいワードかなと思います.

1. DONJOYDJO Global社ホームページより引用) 

 

近年では,BREG (2) 2) も多用されているように感じます.

私が勤務している病院でも,BREGを使用しております.

どちらを選択するかは先生の判断かもしれませんし,装具会社との兼ね合いもあるかと思います.

2. BREGシラック・ジャパンホームページより引用)

 

どちらの装具も,膝の外反・内反ストレスから膝を保護するように設計されています.

また,膝関節付近にあるチップを入れ替えすることで,膝関節伸展位での固定や各屈曲角度での制限を行うことが可能となります.

 

ACLR後に再建グラフトの初期固定を目的として膝関節伸展位にて固定している施設もあり,その場合,装具は便利かなと思います.

 

気になるお値段は,約10万円ほどです.

上記の装具は,医療保険制度の適応対象となるので,申請すると7割返金され手出しは約3万円となります.

 

しかし,返金されるとしても最初に手出しで10万円支払う必要があるため驚く方も多いと思います.

 

ACLR3ヵ月ほど使用する施設が多いとは思いますが,3ヵ月使用で3万は高いのか,相応なのか,または安いのかは個人差がありそうですね.

 

 

装具の必要性

装具の必要性

装具の必要性については賛否両論ありますが,エビデンスでは,どのように報告されているのでしょうか.

ネガティブな報告とポジティブな報告をご紹介したいと思います.

 

【ネガティブな報告】

まずはネガティブな報告をsystematic reviewでいくつかご紹介したいと思います.

 

Nelson C, et al. は,ACLR後の装具装着は,有益な効果をもたらすことはなかったこと,そして,装具を装着しないと転帰が悪くなる研究もなかったことを報告3) しています.

 

また,Wright R W, et al. Smith T O, et al. も,疼痛,膝関節可動域,グラフトの安定性,再断裂の割合が装具の使用によって影響を受けるという証拠は得られず,装具を使用しなかった群では,潜在的に悪い結果を示した研究はなかったこと4,5,6) を明らかにしています.

 

最後に,パフォーマンスや患者レポートの報告もありました.

 

Yang X, et al. は,装具装着群と非装着群を比較し,ホップパフォーマンスの距離や患者レポートは同等であったことを報告7) しており,ACLR後患者に対する装具の装着は,日常的に推奨すべきではないと言われています.

 

【ポジティブな報告】

次に,ポジティブな報告をご紹介したいと思います.

 

Lowe W R, et al. は,装具は膝関節のキネマティクスを有意に改善し,歩行を改善したと報告8) しています.

加えて,装具を使用することで患者の自信が高まったことを報告しており,心理面への影響があるのかもしれません.

 

Melegati G, et al. は,ACLR1週間装具にて伸展位固定した群と固定しなかった群とで,その後の伸展可動域を比較しています.

結果は,伸展位固定した群が,術後4週目,8週目の伸展制限 (Heel Height Differenceにて評価) が有意に改善していたことを明らかにしています.

 

ネガティブ・ポジティブな報告を説明させて頂きましたが,やはり装具装着には賛否両論ありそうですし,先生の考えによるかと思います.

実際に装具は処方されることがまだまだ多いかなと感じています.

 

 

装具の装着期間

装具の装着期間

装具を装着する場合,装着期間はどのくらいが多いのでしょうか.

 

装具の装着期間は,術後3ヵ月ほど使用する施設が多いようです.

施設によっては,術後4ヵ月装着する施設もあるようですね.

 

 ACLR後より3ヵ月間というのは,再建グラフトのリモデリングの初期治癒段階 (3) 10) であり,グラフト強度が低下している時期でもあります.

3. 移植グラフトの修復過程 (Yao S, et al. より引用改訂)

 

装具を装着して頂く理由としては,「術後早期に膝に対して気に掛けてもらうため」「日常生活や運動にて無茶をしないよう制限するため」といった理由が多く,保護の意味でも考えられているかもしれませんね.

 

 

まとめ

まとめ

今回は,ACLR後の装具装着の有無について挙げさせて頂きました.

よくセラピストやトレーナー間でも,装具装着の有無についてディスカッションすることもあるかと思います.

装具装着に関して特性を考慮した上で,患者さんやクライアントへ提供する必要があるかもしれませんね.

 

 

【参考文献】

1) https://www.djoglobal.com/products/donjoy/4titude
2) https://shilacjp.com/wp-content/uploads/2021/04/X2K-2.jpg
3) Nelson C, et al. "Postoperative Rehabilitation of Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: A Systematic Review." Sports medicine and arthroscopy review 29.2: 63-80, 2021.
4) Wright R W, et al. "Bracing after ACL reconstruction: a systematic review." Clinical Orthopaedics and Related Research (1976-2007) 455: 162-168, 2007.
5) Wright R W, et al. "A systematic review of anterior cruciate ligament reconstruction rehabilitation–part I: continuous passive motion, early weight bearing, postoperative bracing, and home-based rehabilitation." The journal of knee surgery 21.03: 217-224, 2008.
6) Smith T O, et al. "A systematic review of bracing following reconstruction of the anterior cruciate ligament." Physiotherapy 94.1: 1-10, 2008.
7) Yang X, et al. "The effect of knee bracing on the knee function and stability following anterior cruciate ligament reconstruction: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials." Orthopaedics & Traumatology: Surgery & Research 105.6: 1107-1114, 2019.
8) Lowe W R, et al. "Functional bracing after anterior cruciate ligament reconstruction: A systematic review." JAAOS-Journal of the American Academy of Orthopaedic Surgeons 25.3: 239-249, 2017.
9) Melegati G, et al. "The role of the rehabilitation brace in restoring knee extension after anterior cruciate ligament reconstruction: a prospective controlled study." Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy 11.5: 322-326, 2003.
10) Yao S, et al. "Graft healing after anterior cruciate ligament reconstruction (ACLR)." Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology 25: 8-15, 2021.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )