【第8報】身体障害領域での認知症~運動器疾患~

お気に入り数 2
竹林崇 大阪府立大学 教授

高齢者は転倒骨折などの運動器疾患を受傷することが多いが,認知症を既往に持つ場合は受傷リスクが高いことなどが知られている.
そこで本コラムでは、大腿骨近位部骨折を受傷した認知症者に関する有病率や予後に関しての解説を行う.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム