第八報 病態・病期による目標設定介入の実際〜急性期・回復期〜

お気に入り数 2
竹林崇 大阪府立大学 教授

これまでのコラムで、目標設定介入のエビデンスと、介入で用いられるアウトカムについて述べてきた。今回は急性期・回復期それぞれの病期ごとの目標設定介入の問題点と展望について述べてゆく。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム