第七報 リハビリテーションの目標設定介入に活用されるアウトカム

お気に入り数 1
竹林崇 大阪府立大学 教授

リハビリテーション領域におけるアウトカムは無数に存在しており、対象となる疾患ごと・目的ごとに使い分ける必要がある。なかでも目標設定介入に特化した評価ツールは限られており、学校教育などでは大きく触れられない分野でもある。
本項では、目標設定介入のアウトカムとして代表格にあたるGoal attainment scale (GAS)を解説する。また、目標設定介入に併用する形で使用される他の評価バッテリーについても解説を行う。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム