【作業療法士監修】神経発達症とは?定義と6つの分類 を解説

お気に入り数 0
竹林崇 大阪府立大学 教授

 神経発達症は発達障害とも呼ばれており、診断には日常生活への支障の有無が重要視される。

作業療法は、対象者にとって意味のある作業・活動の実現を手助けする手段であり、神経発達症は積極的にアプローチが行われる疾患の1つである。

本コラムでは、神経発達症とその分類について記述する。 

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム