在宅医療における【理学療法士(PT)・作業療法士(OT)】の役割

お気に入り数 0
XPERT XPERT 管理者

在宅医療において、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)は大きな役割を果たします。高齢者社会が進むにつれて、在宅医療、とりわけ日常的な運動機能を回復させるリハビリテーションに対する需要は高まっています。

本記事では、在宅医療の必要性と在宅医療におけるPT、OTの役割について紹介します。

在宅医療の必要性

在宅医療の必要性

在宅医療とは、加齢や病気などで通院が困難になった患者さんの自宅を訪問し、医師をはじめ多くの医療従事者がチームとなり24時間体制で診察や治療、生活指導などを行う医療活動のことです。

今日の高齢化社会では医療費の増加による国の負担は重く、在宅医療への期待は年々大きくなっているのが実情です。

また、高齢化に伴い、病院での短期間の治療で回復することよりも、継続的に治療を続けながら状態を維持する医療を必要とするケースが増え、在宅医療のニーズが高まっています。

在宅医療は住み慣れた自宅で家族と過ごせることや、リラックスしながら療養できるのがメリットです。生活の質が向上し、療養や治療に対して前向きな気持ちで取り組むことができるでしょう。

また、入院治療を続けるより医療費の負担が少なく、通院の付き添いといった家族の負担も減らせます。

近年は在宅に持ち込める医療機器も進歩しています。これまで在宅では対応できなかったこともできるようになるなど、在宅医療への期待は高まっていくと予想されるでしょう。

期待の高まっている在宅医療の中でも重要な役割を担うのが、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)です。

次章からは、PTOTの在宅医療における役割について確認していきましょう。

【参照】

京都大原記念病院グループ 大原在宅診療所ブログ「在宅療養のメリットとは?推進される理由と求められる必要性」

医療法人社団貞栄会静岡ホームクリニック「今の時代知っておきたい「在宅医療とは?」」

  

在宅医療における理学療法士(PT)の役割

在宅医療における理学療法士(PT)の役割

PTは、病気や怪我で低下した運動機能を回復させるリハビリテーションを行います。日常生活に必要な「寝返る・起き上がる・立つ・座る・歩く」といった基本的な動作を回復させ、患者さんが自立した日常生活が送れるように支援することが役割です。

在宅医療では、実際の住空間や生活スタイルに合わせたリハビリテーションを行える特徴があります。

在宅医療が必要な方は寝たきりの場合が多く、そのままの状態では筋力も衰えていく一方です。そのため、PTによるリハビリテーションは重要な役割を果たすのです。

【参照】

ホメディ「在宅医療って何?」

    

在宅医療における作業療法士(OT)の役割

在宅医療における作業療法士(OT)の役割

OTは、日常生活に必要な動作のリハビリテーションや精神的サポートを行います。

具体的には「食事をする、着替えをする、トイレに行く、入浴をする、掃除や洗濯をする」といった、日常生活を送るうえで必要な動作を一人で行えるようにサポートするというものです。

 OTによって日常動作能力が向上すれば、患者さんのQOLは上がり、介護する家族の負担は軽減するため、OTの在宅医療における役割はとても大きいと言えます。

【参照】

ホメディ「在宅医療って何?」

一般社団法人青森県作業療法士会広報誌 Wa!!-web版-第8号-

有料老人ホーム情報館「作業療法士とは」

  

在宅医療では連携も大切

在宅医療では連携も大切

理学療法士(PT)と作業療法士(OT)は、患者さんの日常動作能力を向上させるために大きな役割を果たします。在宅医療を行う際は、医師や看護師、栄養士などで構成される医療チームと連携し、適切なリハビリテーションを行うことが大切です。

PTOT間での連携も重要で、リハビリの方向性を共有して、患者さんの運動機能や日常動作を最大限に向上させていきましょう。

主催者への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

    コラムで人気のタグ

    タグをフォローしておくことで、自身のフィードに興味のあるセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。 登録はこちら )