【PT・OTの平均年収は?】給料を上げる2つの方法を紹介

お気に入り数 2
XPERT XPERT 管理者

多くの理学療法士(PT)・作業療法士(OT)は、「自分の給料は安いの?」「他に高い就職先はあるの?」と疑問に思うでしょう。

そこで今回は、PT・OTの企業規模や年齢・継続年数ごとの平均年収について紹介します。また、記事後半では、給料を上げるための2つのポイントについても解説していくので、ぜひ最後まで記事をご覧ください。

理学療法士(PT)の平均給料

理学療法士(PT)の平均給料 2020年度(令和2年度)の計調査賃金構造基本統の「職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)」によれば、企業規模が10人以上の会社に勤めるPTの平均給料は約28.2万円です。

年間賞与とその他の特別給与額が約70.2万円であるため、年収は約408.6万円となります。

平均給与は企業規模によって異なるため、企業規模別の平均給与と年収の一覧表を合わせて確認していきましょう。

※平均給料は超過勤務手当、交通費などを除いた「所定内給与額」の額から小数点を切り捨てて算出。また、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士の合算となっています。

以上の表からは、企業規模が大きいほど給料やボーナスが高くなることがうかがえます。

続いて、「職種(小分類)、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)」を元に年齢や勤続年数による平均給料、平均年収の違いを一覧表で確認していきましょう。

以上の表から、基本的には勤続年数が長く、年齢が上がるほど平均給料や年収が増えますが、55〜59歳からは若干ですが年収が下がる傾向にあります。

作業療法士(OT)の平均給料

作業療法士(OT)の平均給料 賃金構造基本統計調査では、理学療法士(PT)とOTの給料は区分されず、合算して算出されているため、OTだけの給料を算出できません。

しかし、求人案件を確認する限りPTとOTの給料には、ほとんど差がありません。したがって、企業規模が大きく勤続年数が長いほど、高収入・高年収になると考えて良いでしょう。

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)が給料を上げる2つの方法

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)が給料を上げる2つの方法 PT・OT が給料を上げるためには、以下2つの方法があります。

  • 勤続年数を長くする
  • 規模の大きい会社に就職・転職する

勤続年数が長くなると昇給し、基本給が高くなります。また、昇進して役職に就けば、さらに高収入を得られるでしょう。

そして、企業規模が大きくなるほど賞与額が大きくなり年収が増える傾向にあるため、企業規模の大きな会社に就職、もしくは転職することもおすすめです。

また、会社によては介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を有しているだけで、資格手当が得られる場合もあるため、資格を取得することも給料をアップさせる一つの方法と言えるでしょう。

給料と働き方のバランスに注目してみよう

給料と働き方のバランスに注目してみよう 多くの方は、転職先を探す際に「給料」に注目するでしょう。しかし、いくら給料が高くても、残業時間が長かったり、ストレスが多かったりする職場では収入に見合った働き方ができるとは限りません。

したがって、転職先を探す際には、給料やボーナスだけでなく、働き方とのバランスが取れているかどうかに注目してみると良いでしょう。また、理学療法士や作業療法士以外の資格を取得することも、給料アップに繋がるためおすすめです。

主催者への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

    コラムで人気のタグ

    タグをフォローしておくことで、自身のフィードに興味のあるセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。 登録はこちら )