【作業療法士・理学療法士の違い】業務内容や活躍できる職場について

お気に入り数 0
XPERT XPERT 管理者

理学療法士と作業療法士は混同されやすく、違いがわからないという方も多いでしょう。どちらもリハビリテーションを行う仕事に変わりありませんが、その内容は異なります。本記事では、理学療法士と作業療法士の違いをさまざまな点から説明し、働く場所や資格取得の方法なども紹介しましょう。

理学療法士と作業療法士の違い:①業務の内容

理学療法士と作業療法士の業務内容は、どちらも患者へのリハビリテーションです。しかし、それぞれ方法が異なります。

理学療法とは病気やケガ、障害や加齢による運動能力の低下に対し、症状に合わせて歩行訓練などを指導する方法です。さらに治療の一環として、温熱や赤外線、電気など、症状に適した刺激を与えます。

一方、作業療法は日常生活の動作や作業を通して回復を目指す方法です。食事や家事、入浴など生活に必要な動作がすべてリハビリのための作業になります。作業療法士は体の訓練だけでなく、「精神」に対するケアを行うことも特徴です。作業療法を通し、社会への適応力の回復、心のケアなどを図ります。

理学療法士と作業療法士の違い:②活躍の場

理学療法士と作業療法士は、活躍する場が一部異なります。どちらも共通して働く場所は次の通りです。

・一般病院や総合病院、リハビリテーション病院などの医療機関 ・介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの介護施設 ・小児施設訪問リハビリテーション

これに加え、理学療法士はスポーツ関連施設でも活躍します。スポーツをする方の怪我予防や、怪我をした場合のリハビリテーションを行うのが仕事です。

一方、精神面のサポートも行う作業療法士は、精神科病院や職業センターでも活躍できます。精神科病院では日常の作業や他者とのコミュニケーションを通じて社会への復帰を助け、職業センターでは、就労が難しい方の支援を行います。

理学療法士と作業療法士の違い:③資格・就職状況

理学療法士も作業療法士も、国家試験に合格して資格を取得しなければなりません。受験するには指定の養成校を卒業している、もしくは卒業見込みであることが必要です。養成校には3年制・4年制の大学・短期大学・専門学校があります。どちらも共通して解剖学や生理学など医療の基礎となる科目を学びますが、2年次以降はそれぞれより専門的な科目を学ぶため、両方の資格取得を同時に目指すことはできません。

例年の合格率は理学療法士が75〜90%、作業療法士が70〜80%前後と高く、就業率はどちらも約90%です。高齢化社会により、理学療法士も作業療法士もニーズが高まる状況となっていて、特に介護施設では人手不足が続いています。

このような状況で理学療法士・作業療法士を目指す方は増えており、飽和状態になりつつあるのも事実です。厚生労働省の調査では、供給が需要を上まわっているという報告があります。

増え続ける資格取得者の中で生き抜くには、知識やスキルを磨いて専門性を高めるなど、差別化を図ることも必要になってくるでしょう。

参考:厚生労働省「理学療法士・作業療法士の需給推計について」

理学療法士と作業療法士の違いを知って進路を決めよう

理学療法士と作業療法士は、リハビリテーションの専門職という点では共通していますが、その内容は異なります。活躍の場や勉強するカリキュラムも異なるため、自分に合う仕事はどちらなのか、よく確かめなければなりません。自分が得意とするものは何か、どのように人を助けたいかを考え、より適した進路を選ぶようにしましょう。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム