急性身体疾患を発症した認知症患者の急性期病院における特徴

お気に入り数 1
竹林崇 大阪府立大学 教授

本コラムの目的としては,既往に認知症を持ち,急性身体疾患を発症した対象者に対する作業療法の介入に関して,世界や本邦における評価・介入の実践,疾患別における実情についての解説を考えている.コラムは全6回で進める予定である.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム