医療情勢や機器のランニングコストから考えるロボットリハビリテーション

お気に入り数 0
竹林崇 大阪府立大学 教授

近年では,脳卒中後の上肢麻痺に対して,一定の質が保たれた練習量を増加させる目的でリハビリテーションロボットが活用されている.本稿では,本邦における医療情勢の変遷や機器のランニングコストからロボットリハビリテーションの現状や課題を整理する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム