脳卒中上肢麻痺における装具療法の概要

お気に入り数 4
竹林崇 大阪府立大学 教授

脳卒中後の上肢麻痺に対する装具療法は, 亜脱臼の改善や予防を目的としたアームスリングなどの肩装具や手指・手関節の変形防止, 痙縮抑制・改善を目的とした安静用スプリントに代表される. また, 最近では, 麻痺側上肢の機能を代償・補完するような機能的な装具の効果が示されている. 本コラムでは, 脳卒中後の上肢麻痺に対する装具療法の概要や動向について論述する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム