屈筋腱断裂術後のハンドセラピィに必要な評価

お気に入り数 4
竹林崇 大阪府立大学 教授

手は複雑な動きを有しておりそれにより巧緻動作や様々な道具を使用することが可能である.手を評価する際には基本機能,作業能力,社会的不利の3つの側面より評価することが重要とされている.本コラムでは,上記の3つの側面からの評価に加え,屈筋腱断裂術後のハンドセラピィを行っていくうえで必要な評価についても解説していく.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム