非侵襲的脳刺激(rTMS・tDCS)は近年リハビリテーション領域で活用されている脳卒中上肢麻痺領域を始めとして幅広い障害の改善に向けて行われている.本稿では幅広い分野で活用されている非侵襲的刺激の効果についてのエビデンスを紹介する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム