卒前・卒後教育と生活行為向上マネジメント〜第2回:生活行為向上マネジメントの活用方法〜

お気に入り数 3
竹林崇 大阪府立大学 教授

生活行為向上マネジメントは,対象となる人の生活を支援する包括的な実践方法である.7段階のプロセスで構成され,3つの基本ツールと補助的なシートを用いることで,経験の浅い療法士であっても,熟練の療法士の思考過程を理解し,対象者に対してより効果的な支援を提供できるとしている.本コラムでは,各シートの特徴や実際の運用方法などを,生活行為向上マネジメントのプロセスと共に解説していく.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム