パーキンソン病患者に対するリハビリテーション②

お気に入り数 0
竹林崇 大阪府立大学 教授

パーキンソン病は病期が進行するにつれて,身体機能および認知機能・高次脳機能などの症状が顕著となる.リハビリテーションにおいては,病期に応じてパーキンソン病に特有な介入の方法が必要となる.本稿では,効果の報告されているいくつかの介入方法について,病期別に紹介する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム