パーキンソン病患者に対するリハビリテーション①

お気に入り数 2
竹林崇 大阪府立大学 教授

パーキンソン病に対するリハビリテーションは,薬物療法との併用で運動症状の改善効果および有用性が示唆されており,段階的な病期に応じた介入が必要となる.本稿では,効果の報告されているいくつかの介入方法について,病期別に紹介する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム