我々療法士が対象者と関わる時間は、非常に限定的であることが多い。しかし、脳卒中と代謝障害を呈している対象者と関わる場合限定的な機能練習やADL練習だけでは、日常生活への汎化が難しいことも多々経験する。そこで、生活習慣の改善のための介入について解説を行う。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム