医療職が知っておくべきお金の話①〜お金に不安があるなら、お金が増える秘密を知ろう〜

お気に入り数 2
清水良則 ケアーズ訪問看護リハビリステーション なし

この記事では、医療職が知っておくべきお金の話について学ぶことが出来ます。もし貴方が「もう少し給料が増えたら、貯金があったら」と一瞬でも感じたことがあれば是非目を通して頂きたいです。実は、お金が増えるスピードには「人間が働くよりもお金が働く方が早い」という秘密があります。医療業界というものはかなり特殊であるため、資本主義というものから離れがちです。
しかし、私たちのお金は「資本主義」というシステムの元に動いています。今回は「資本主義」と「お金が増える法則」をお伝えします。

初めまして、理学療法士の清水良則と申します。

現在私は、理学療法士業の傍ら「リハビリ職に特化した資産形成サポート業」を行っております。私自身、理学療法士としての給料では不安があり、本業をしつつ「資産形成」を進めてきました。いよいよ、30代となった時に、ようやく「ああ、これで将来のお金は大丈夫だ」と感じたため、そういった経験を生かして同じような不安を持つ方のサポートをしております。

既に、40名弱のリハビリ職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師)と対談し、実際に資産形成をサポートさせて頂きました。

そういった活動を通す中でふと、「医療職ってお金のことに疎いな」と感じたため、こうしてキーボードをリズミカルに叩いております。

お金が増える法則の鍵は「資本主義」

医療職で、お金の不安がある人はまず、資本主義について知るべきです。

医療職の方は奉仕精神がある上に、「診療報酬」という仕組みで成り立っているため経済に対してあまり興味がないように感じます。

私自身、資産形成を始めるまでは「経済」、「資本主義」というものを意識しておらず、知る必要性も感じておりませんでした。しかし、私たちの給料は「資本主義」というシステムの元に回っています。

実は、資本主義では「お金が増える法則」というものがあります。非常に簡単な法則です。

ですので、私は医療職の方は資本主義について知るべきだと考えています。そこで、今回は「資本主義って何だろうね」ということについてお話していきます。

資本主義とは

資本主義(capitalism)とは

封建制下に現れ、産業革命によって確立した生産様式。商品生産が支配的な生産形態となっており、生産手段を所有する資本家階級が、自己の労働力以外に売るものをもたない労働者階級から労働力を商品として買い、それを使用して生産した剰余価値を利潤として手に入れる経済体制。(広辞苑より引用)

よくわかりませんね。簡単にいうと、お金がある人(生産者)がお金がない人(労働者)を雇って働いてもらい、生まれた利益の一部を得るシステムです。

そもそも「資本」て何?

「資本」と言うと「お金」を想像しがちですが、実際にはもっと広い意味があります。知識や建造物などの無形資産や現物資産、「社会貢献」や「労働力」なども資本に含まれます。

例えば、ある医者が困っている患者を助けました。患者は感謝し、お金を払ったとします。これは、「医者が自分を助けてくれたという行為」に対するお礼を、お金に換算して払っています。「患者を助けた行為(労働)」はお金に変わる価値がある資本ということです。

ですので、資本というものは単純にお金だけではなく、「労働力」や「社会貢献」なども資本に含まれると考えて大丈夫です。

資本主義とはお金持ちがどんどんお金持ちになる仕組みのこと

しつこいようですがもう一度だけ説明させて頂きます。

資本主義とは、お金がある人(生産者)がお金がないけど労働力がある人(労働者)を雇って、利益を求めるシステムです。

これに対し、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏は面白い見解を述べています。それは、「資本主義という仕組みそのものが、所得分配の格差を拡大させるものである」ということです。

ピケティは過去200年分のデータを分析し、「r(資本収益率)>g(経済成長率)」という不等式を見つけました。

簡単に言うと、人が労働によって稼ぐお金よりも、株式や不動産による収益の方が成長スピードが早いということです。

つまり、資本を持っている人がどんどん裕福になり、反対に、資本をもたずに労働を主としている人は、資本を持っている人との格差がどんどん広がっているということです。

非常に簡単で残酷な真実ですね。

私は、元々、自分の給料に不安があったために投資を学び始めましたが、この「資本主義の仕組み」を知ってから今まで知らなかったことの恐怖に気づくことが出来ました。

お金の不安を消すためには、労働をしているだけではダメなんだということです。

今回は、「現在の日本は資本主義である。」「資本主義とは裕福な人がどんどん裕福になるシステムである」ということを話させて頂きました。

次回は、これを踏まえて「医療職がお金に疎い理由」について話させていただきます。

主催者への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

人気のセミナー

最強の東洋医学講座〜基礎編〜(プロコース)
36
オンライン
全11回

最強の東洋医学講座〜基礎編〜(プロコース)

3,000 ~ 30,000

主催:株式会社ケアクル

船水 隆広

鍼灸師

船水 隆広

01.23 (日) 21:00 - 23:00

オンライン

最強の東洋医学講座〜基礎編〜(学生コース)
30
オンライン
全11回

最強の東洋医学講座〜基礎編〜(学生コース)

1,000 ~ 10,000

主催:株式会社ケアクル

船水 隆広

鍼灸師

船水 隆広

01.23 (日) 21:00 - 23:00

オンライン