前回までのコラムではファンクショナルトレーニングと題して、胸郭・股関節・腰部(下部体幹)について解説してきました。今回からは肩甲骨の機能について解説していきます。オーバーヘッドスポーツはもちろん、日常生活での上肢活動においても肩甲骨の機能は非常に重要になります。今回は肩甲骨の動きの評価方法について解説を行います。

Scapular Dyskinesisの定義

Scapular Dyskinesisを日本語で直訳すると「肩甲骨運動異常」となります。 Scapular Dyskinesisのタイプは、上肢挙上時の肩甲骨の動きを以下の4つに分類しています1)。

①肩甲骨下角の浮き上がり
②肩甲骨内側縁の浮き上がり
③肩甲骨の過度な挙上
④正常

Scapular Dyskinesisが生じると肩には様々な影響があるとされています。

肩水平外転の際に肩後方からの圧迫増大による肩前方関節包の張力が生じて肩甲上腕関節が過度に動いてしまうことや、腱板筋による肩関節の圧縮安定性が減少すること、外転運動時に肩峰下のスペースを減少させてしまうことなどが挙げられます2)。

また、肩甲骨のフォースカップルが破綻することで結果的に、肩関節周囲に負荷がかかりインピンジメント兆候が生じ、腱板断裂などへのリスクファクターになる可能性もあります。

上肢挙上における肩甲骨のフォースカップル

上肢が挙上する際は、肩甲骨は上方回旋・外旋・後傾方向へと可動していきます。

最大で上方回旋が50-60°、後傾15-20°、外旋5°程度動くとされ、その中で挙上角度30°まではSetting phaseと呼ばれており、肩甲骨の上方回旋と内転が混在するように動きます3)。Setting phaseには否定的な意見がありますが、上腕骨頭と肩甲骨の求心位を保持するために必要な機能であり、腱板断裂の患者さんだとこの機能が破綻していることで代償的に三角筋などを用いて上腕骨を引き上げてしまい、肩峰下滑液包のあたりで痛みが生じる場合が多いイメージです。

オーバーヘッドスポーツや腕を高いところで保持し続けるような動きでは、特に肩甲骨の後傾が必要になってくることが多く、僧帽筋下部繊維は最大挙上時での安定性に重要な役割を果たすとされています3)。

また最大挙上に至るまでに前鋸筋などによる肩甲骨の外旋・上方回旋作用、僧帽筋上部などによる肩甲骨挙上が全てうまく組み合わさること(フォースカップル)で肩甲骨が正常な運動を果たします。

Scapular Dyskinesisはこのフォースカップルが破綻してしまうことで表面化し、肩関節に何かしらの悪影響が与えることが考えられます。

肩甲骨機能の実際の評価方法

肩関節痛や肩の機能不全があり、Scapular Dyskinesisが実際にあった時、KiblerはScapular assistance test (SAT) と Scapular retraction test (SRT)を使って肩甲骨機能を評価するとしています2)。

SATは、上肢を挙上していく際に肩甲骨の上方回旋と後傾の動きをゆるやかに助けてあげることで痛みの軽減や可動域の拡大があるかどうかを確認する方法です。

SRTは肩関節屈曲での徒手抵抗に対しての保持(いわゆる肩関節屈曲のMMT)が、肩甲骨の引き込み(少し内転位に持っていった状態)で筋出力が変化するのかどうかを確認します。

この際にSAT・SRTが陽性となった場合(出力向上や症状改善が見られた場合)、原因を追求していく作業に入るとしています。

Kiblerが提唱しているチェック項目としては、「コアスタビリティの不活性化」「痛みが原因の筋機能抑制による肩甲骨周囲筋出力」「筋硬直や筋力のアンバランス」「痛み」「肩関節不安定性」「肩甲上腕関節または鎖骨周囲の組織的な破綻」などを挙げています。また肩関節の内旋制限の有無も重要としています。

このチェック項目からわかることは、痛みがあれば筋機能に大きな影響が及ぼされるということ、そして中枢部が安定しなければ末梢の動きが生じないと言うことだと思われます。

トレーナーやセラピストは、全身を俯瞰して見る力が重要だとKiblerが述べているように私は感じます。

ちなみにKiblerは肩関節に関わる医師の中では肩甲骨の第一人者と言われている方だそうです。興味がある方はぜひ文献を読んでみてください。

肩関節を見るなら、肩甲骨を見てみよう!

ここまででごく簡単な肩甲骨の動きの評価方法を述べました。

どんな肩関節の問題がある人でも肩甲骨には何かしらの影響があると思われます。

次回のコラムでは肩甲骨機能のより客観的な評価方法について記載していきます。

【参考文献】 1)J P Standoli et al, Scapular Dyskinesis in Young, Asymptomatic Elite Swimmers, The Ortho J of Spo Med 6, 1-7, 2018 2)W. Ben Kibler, Aaron Sciascia, Evaluation and Management of Scapular Dyskinesis in Overhead Athletes, Current Reviews in Musculoskeletal Medicine12 ,515-526,2019 3)佐原 亘, 菅本一臣, 鎖骨,肩甲骨のバイオメカニクス,Jpn J Rehabil Med 53 No10,750-753,2016

主催者への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

    コラムで人気のタグ

    タグをフォローしておくことで、自身のフィードに興味のあるセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。 登録はこちら )