脳卒中の上肢能力を評価するツールとして確固たる地位を築いている Wolf Motor Function Test. “EXCITE trial” を初め多くの CI 療法関連研究でも使用されてきた本ツールは, 臨床利用するために必要な評価特性を十分に有している. 評価キットが一般販売さていないデメリットもあると思われるが, 裏を返せばそれはお金をかけずどんな臨床家でも利用できるメリットを有しているとも受け取ることができるのではないだろうか. そんな本ツールの開発経緯とその内容, そして臨床利用する上でのポイントについて解説する.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム