ファンクショナルトレーニングを実践するにあたって、ストレングストレーニングは主に運動特性を考慮して自重で行うトレーニングのことを意味します。しかし、自重トレーニングの負荷量について調べたことがある方はどれ位いるでしょうか?

今回は自重で行うトレーニングの中でポピュラーなものの筋活動量について記載しました。最後には総負荷量についても触れていますので、特に理学療法士や作業療法士の方に読んでいただきたい内容になっています。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム