Brunnstrome Stage が広く拡まったが故に, 日本国内での Fugl-Meyer Assessment (FMA) の普及は欧米に比べて遅れてしまった. FMAは評価ツールとして要求されている適切な評価特性を有し, かつ標準化されているため, 英語圏を超えて多くの言語に翻訳され利用されている. 本邦においても, 研究者だけの利用に留まらず, 現在は臨床家における利用に繋がりつつある本ツールの歴史を少し紐解き, その内容と臨床解釈について解説する.

キーワード
#評価・検査・動作分析, #脳血管, #理学療法士, #作業療法士

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム