クライエント中心の作業療法のエビデンス

お気に入り数 2
竹林崇 大阪府立大学 教授

作業療法は元来クライエント中心の哲学的基盤が内包されている療法であり,その思想は
作業に根ざした実践(occupation based practice;OBP)という形で現代化されている.しかし,そこには様々な障壁が存在し,クライエント中心の作業療法の有用性を検証していく必要性を述べた.本稿では,クライエント中心の概念が内包されているOBPに関する知見も踏まえながら,主に身体障害領域におけるクライエント中心の作業療法に関するエビデンスについて述べる.

キーワード
#クライエント中心 #作業療法 #OBP #エビデンス

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム