目標設定する上で避けられない、コンフリクトについて

お気に入り数 8
竹林崇 大阪府立大学 教授

以前のコラム「作業療法における目標設定の実際」にて、目標設定の際に対象者との目標内容の不一致が生じる問題点について記載した。臨床場面においても「リハビリの目標は先生が決めてくれました」「目標自体を決めた覚えがない」などの意見を耳にすることがある。このように、目標設定の際には意識の違い、齟齬(コンフリクト)が生じる問題背景がある。本コラムでは、コンフリクトの発生に対して注意すべき視点と、その対策について解説する。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム