脳卒中後の上肢運動麻痺に対する電気刺激療法のエビデンス

お気に入り数 15
竹林崇 大阪府立大学 教授

「エビデンス」とは「証拠」や「根拠」を意味する英単語であり,臨床場面では実施していくアプローチが対象者にどれだけ確実に成果を上げることが出来るかを証明する,証拠となるものである.療法士は乱立している様々なアプローチの中から手段を闇雲に選択していくのではなく,対象者が可能な限り高い可能性で目標を達成できるように,各手法のエビデンスを理解して選択する力を持つことが非常に重要となる.本稿では脳卒中後の上肢運動麻痺に対する電子刺激療法のエビデンスについて解説していく.


<キーワード>
#電気刺激療法 #エビデンス #神経促通 #亜脱臼 #痙縮

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム