急性期におけるConstraint-induced movement therapyの回復メカニズム

お気に入り数 5
竹林崇 大阪府立大学 教授

脳卒中リハビリテーションを進めるうえで脳の可塑性に関する理解は欠かせない.本コラムでは,急性期におけるconstrained-induced movement therapy(CI療法)の基礎研究と回復メカニズムを紹介するとともに,なぜ急性期から麻痺手を使用することが重要なのかについて解説する.

【キーワード】
#脳卒中,#上肢麻痺,#CI療法,#急性期,#メカニズム

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム