EBM(evidenced based medicine)とは ~歴史と定義からリハ領域での活用を考える~

お気に入り数 4
竹林崇 大阪府立大学 教授

本コラムの目的としては,EBM(Evidenced Based Medicine:以下EBM)に関する歴史の生い立ちや知識を整理して,対象者の方に対して,より良いリハビリテーションを提供できるきっかけづくりをできればと考えている.まず第1回目として,EBMに関する歴史や定義,リハビリテーション分野におけるEBMへの理解等について解説していく.

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム