新たな時代の脳卒中後上肢麻痺に対するリハビリテーションの展望

お気に入り数 2
竹林崇 大阪府立大学 教授

これまでの全6回のコラムを振り返りながら、現状における課題と今後の新たな展望について解説する。
特に重要視している「エビデンス」と「療法士による1対1のリハビリテーション以外の時間に行う自主練習マネジメント」の2つのキーワードを基に、リハビリテーションの効果を最大限に高めるために、枠を超えた対策の可能性を検討する。

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。

この記事に関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

執筆者の他のコラム