セミナー詳細 オンラインセミナーリスト 関連オンラインセミナー

セミナー詳細

2022.03.27 (日) 08:30 - 10:00

オンライン

講師

早崎 涼太

社会医療法人 孝仁会 北海道大野記念病院

早崎 涼太

主催

Spine Care(スパインケア)

Spine Care(スパインケア)

参加したい受講生: 23

オンラインセミナーリスト

1
橈骨遠位端骨折後のリハビリテーション最前線〜術後リハビリテーションの実際〜
橈骨遠位端骨折後のリハビリテーション最前線〜術後リハビリテーションの実際〜

橈骨遠位端骨折後のリハビリテーション最前線〜術後リハビリテーションの実際〜

●本セミナーは後日視聴可能なアーカイブ放送をご用意しております。
●当日参加出来なくても,講習会翌日から2週間程度の期間,見逃し配信が視聴可能です。

●お申し込みは開催3日前(〜2/24)まで可能です。
●オンラインセミナーの特性上,お申し込みのキャンセルは出来ません,ご了承ください。

●本セミナーの主な内容は以下の通りです。
【コース概要】
橈骨遠位端骨折後のリハビリテーション最前線 〜術後リハビリテーションの実際〜

橈骨遠位端骨折の手術治療において,掌側ロッキングプレート固定は現在ゴールドスタンダードとされており,強固な内固定性から術後早期からの手関節の運動が可能となりました.リハビリテーションでは,その利点を活かし,早期にuseful hand(使える手)を獲得し社会復帰へと導くことが求められます.

本セミナーでは,下記内容について最新のエビデンスを交えて整理し,受講された皆様が,掌側ロッキングプレート固定を施行された方へ不安なく自信を持ってリハビリテーションを提供できるための土台を作ることを目指します.

① 橈骨遠位端骨折の基礎知識 (介入効果を高めるための基礎的知識編の要約)
② 橈骨遠位端骨折の評価
1)疾患特異的な情報収集 2)画像所見 3)理学所見
③ 掌側ロッキングプレート固定術後のリハビリテーションのすすめかた
  1)対浮腫療法 2)関節可動域・筋力訓練 3)荷重訓練 4)ADL指導
  5)ホームエクササイズ指導
④ 合併症が生じた場合のリハビリテーションのすすめかた
  1)TFCC損傷 2)正中神経損傷(手根管症候群) 3)腱損傷(屈筋腱・伸筋腱)

橈骨遠位端骨折におけるリハビリテーションは,骨癒合過程に応じて運動強度を調整するという原則に基づくため,その治療戦略において手術治療と保存治療の間に大差はありません.
そのため,本セミナーは術後リハビリテーションの実際というテーマではありますが,保存治療でリハビリテーションを行われることが多い方にもご参加いただける内容としております.

【講師】
早﨑 涼太

【講師プロフィール】
所属:社会医療法人孝仁会北海道大野記念病院
資格:認定作業療法士,修士(作業療法学)

03.27 (日) 08:30-10:00

企業への質問

この機能を利用するには、ログインが必要です。未登録の方は会員登録の上、ログインしてご利用ください。