喜多一馬

病院で働く理学療法士。医療メディア『メディッコ』代表、訪問リハコミュニティ『リハコネ』運営、研究会『療法士の当事者研究』運営。一つの事象に対して立ち現れる個々に異なる意味の違いについて考えることに関心があります。

セミナーがありません。