このセミナーは開催終了しました。

こちらのセミナーの講師や主催者をフォローすることで、マイフィードにて新着セミナーをチェックすることができます。

参加者によるレビュー

- 点 / 5.0点 (レビュー件数:0件)

このセミナーのレビューを見る

セミナー詳細

5/23(土)に開催した「はじめて学ぶ 痛みのリハビリ入門編 オンラインセミナー」の続編が8/1(土)開催決定!
痛みの基礎知識の整理や慢性痛に対する理解を深めたい方におすすめです!

【講習会内容】
前回の入門編に引き続き、長引く痛みのリハビリ導入編を開催いたします。
慢性痛に対し生物心理社会モデルに基づき、評価・治療を進める上でチームアプローチの観点は欠かせません。
医師、看護師、セラピスト、そして受付スタッフまでも含めたチームで対応していかなければ患者さんを痛みの渦から助け出すことが難しいことがあります。
しかし、集学的・学際的なアプローチを行える施設はまだまだ少なく、個人からリハビリテーション科全体での対応まで、それぞれの施設で取り組めるレベルは異なります。

今回は各レベル(個人、リハビリ科、病院全体)で慢性痛リハビリに取り組むにあたっての考え方や導入に際して考えられる障壁を具体的な例を交えて説明いたします。
講義のはじめに入門編からキースライドを抜粋して復習をいたしますので、入門編に出ていない方でも心配いりません。

【タイムスケジュール】
14:30~ zoom URL&パス送信、参加者のzoom入室開始
15:00〜     「慢性痛の知識の復習」
15:30~15:35     5分休憩
15:35~16:35    「チームアプローチモデル」
16:35~16:45    10分休憩 
16:50~17:50    「評価を構造化しよう」
17:50~18:00    質疑応答およびディスカッション
※進行具合によって終了時間が延長する可能性もございます。

【こんな方にオススメ】
・これから慢性痛を学ぼうとしているセラピスト
・個人でのアプローチに限界を感じているセラピスト
・リハビリ科で慢性痛に取り組もうと考えているセラピスト
・痛みに対する考え方を学びたいセラピスト
・チームアプローチを学びたいセラピスト

登壇講師

江原 弘之 西鶴間メディカルクリニック リハビリテーション科部長   NPO法人ペイン・ヘルスケア・ネットワーク 代表理事

認定理学療法士(運動器)。 整形外科クリニックを経て、NTT東日本関東病院にて慢性疼痛のリハビリテーションに従事したことをきっかけに慢性疼痛にはまる。痛み関連学会での発表、シンポジスト、論文・書籍執筆経験あり。2017年に痛みの社会問題解決のため、NPO法人ペイン・ヘルスケア・ネットワーク設立。

永田 将行 東小金井さくらクリニック 、NPO法人ペイン・ヘルスケア・ネットワーク エバンジェリスト

理学療法士。 痛みの伝道師 江原尊師との出会いにより慢性痛の迷路にはまり込む。2015年pain nofear結成。 世の中の痛み問題解決を志す秘密結社NPO法人ペインヘルケアネットワークにて時々表舞台に立つが、日常は道端の日陰でひっそり暮らす、ほとんどの人は気がつかないが見える人には見える道祖神のような人間になりたいと願うセラピスト。

留意事項

ZOOMオンラインを使用します

主催者

N Rehabilitation Labo

N Rehabilitation Labo (Nリハ)は整形外科クリニックに勤める理学療法士4人からなる団体です。 この勉強会は「少人数制の血の通った勉強会」がコンセプトとなっております。 少人数制のため講師に質問しやすく、学びを最大限に有意義なものにすることが可能です。ぜひお気軽にご参加ください。

主催者へのお問い合わせ

※主催者へのセミナー詳細の質問は、会員登録・ログインが必要です。 ログイン してからアクセスしてください。

このセミナーに関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。 (無料会員機能。 登録はこちら )

関連するセミナー

セミナーの掲載を ご希望の方へ

XPERTでは、クレカ決済、銀行振込、外部決済、現地決済など様々な決済方法に対応し、セミナーの集客・運営をスムーズに行うことができます。セミナー掲載は無料!是非ご利用ください。

  • セミナー 掲載無料*
  • 決済方法 選択可能
  • 参加者への 一斉通知
*クレジットカード決済の場合、決済手数料が発生します