1. トップページ
  2. 運動学・解剖学
  3. IMPROVE SEMINAR

このセミナーは終了致しました。

レビュー平均:0.00 / 5

0

ステータス

開催済

お気に入り

6

セミナー概要

2019 IMPROVEセミナー
脊柱にフォーカスした1DAYセミナー

1.アニマルフローイントロダクション
講義 2.0h
講師 : 高澤 甚氏

2.脊柱の動きの評価、コレクティブ、指導まで
講義 3.0h
講師 : 菅原 順二氏


今回のインプローブセミナーは脊柱にフォーカスします。
1部では、千葉よりアニマルフローの第一人者であるJIN(高澤 甚)さんをお招きして、アニマルフローを活用した自重エクササイズを2時間みっちり体感していただきます。アニマルフロー関連のセミナーは九州初開催です。

Animal Flowとは、柔軟性や身体の協調性(コーディネーション)に重点を置いたプログラムで、ヨガや器械体操、マーシャルアーツ、カポエイラ、ブレイクダンス、パルクールなどの様々なムーブメントを取り込んでいます。

Animal Flowを通して、最終的には人間(Human)という動物・生き物の動きを引き出すことが目的です。

Animal Flowでの6つの構成要素
①手首のモビライゼーション
②アクティベーション
③動物の姿勢を真似た多様な動作を含んだ全身ストレッチ
④移動
⑤転換と移行
⑥フロー

Animal Flowの利点・効果として、
Mobility(可動性)
Flexibility(柔軟性)
Stability(安定性)
Power(力)
Endurance(持久力)
Skills(技術)
Neuromuscular development(神経筋発達)の向上などがあります。

子供から高齢者、アスリートに至るまでウォーミングアップ、トレーニング、コレクティブエクササイズなど、どんなクライアントにも適用が可能なアニマルフロー。まずはご自身の身体がどれだけ動くかせるか体験しましょう!


そして2部では、アランチャの菅原順二氏をお招きして、脊柱の動きの評価、コレクティブエクササイズ、指導までの流れをみっちり行います。
ヒトの動作の支点である脊柱が適切に機能するためには、体幹部の機能向上、胸郭や股関節の可動域、腰椎・骨盤帯の安定性などが重要になります。これはアスリートだけに限らず、一般の方も同じです。

同じセミナーを受講しても、その後の指導力には差が生じます。
それはなぜでしょう?
動作を見る目、その確かな目と供に重要なコーチング力、自身がどれだけ的確なデモを行えるかでないでしょうか?

脊柱を学ぶ上で、まずは自分の身体を使って動かすことで可動性、安定性、柔軟性などを感じ、理論的に動きの評価から実践まで見る目を養うことを目的に1日を通して行います。指導の幅が圧倒的に拡がることでしょう

当日のタイムスケジュール

3月17日(日)

9:30 受付開始

10:00 ~ 12:00 高澤 甚氏

12:00 ~ 13:00 昼食

13:00 ~ 16:00 菅原 順二氏

留意事項

動きやすい服装
水分
昼食
筆記用具など

講師プロフィール

高澤 甚

株式会社ネイチャーデプト
代表取締役

JUNGLE GYM オーナー Bachelor of Science (Sports & Exercise Science) University of Sunshine Coast, Australia

菅原順二

株式会社arancia
代表取締役

TRAINIG STUDIO arancia 代表 ReebokONEアンバサダー 東京都出身 法政大学卒(2001) New Zealand Institute of Sports(NZIS) Sport Management and Exercise Prescription(2003)

主催者プロフィール

インプローブ株式会社

主な事業内容 ・スタジオ、ジムの運営 ・専門学校への講師派遣 ・整形クリニックへのトレーナー派遣 ・アスリートへのトレーニング指導 ・セミナー企画、運営 など