1. ホーム
  2. セミナー
  3. 下肢の運動機能障害に対する徒手理学療法 ~疎性結合組織へのアプローチ~

下肢の運動機能障害に対する徒手理学療法 ~疎性結合組織へのアプローチ~

お気に入り数0

このセミナーは開催終了しました。

こちらのセミナーの講師や主催者をフォローすることで、マイフィードにて新着セミナーをチェックすることができます。

参加者によるレビュー

-点 / 5.0点 (レビュー件数:0件)

このセミナーのレビューを見る

セミナー詳細

下肢の様々な結合組織に対する実技を中心に、わかりやすく詳細にご指導いただきます。臨床ですぐに役立つ技術習得のための講習会です。

【工藤 慎太郎先生からのメッセージ】
運動機能障害にアプローチする上で必要になるのは、対象の組織を正確に認知し、触れて、動かす技術に尽きる。理学療法では筋や関節へのアプローチを行ってきたが、本当に問題になるのはどこだろうか?
我々はこれまで無視されてきた、結合組織に注目して、徒手療法を行っている。特に柔らかい疎性結合組織の線維成分の高密度化は組織の柔軟性を低下させるため問題である。
今回は我々が行っている徒手的アプローチを紹介して、臨床現場で実践可能な武器にすべく、しっかりと身につけるまで、徹底した実技トレーニングをしていきたい。

《内容》
下記部位の結合組織に対する徒手療法
1.大腿直筋周囲
2.坐骨神経周囲
3.腓腹筋内側頭周囲
4.膝蓋骨周囲
5.長母趾屈筋周囲
6.脛骨神経周囲

日 程:2020年12月6日(日) 10:00~16:00(9:30開場)
場 所:ジャパンライムセミナースタジオ
    東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F
   (東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩2分)
講 師:工藤 慎太郎(くどう しんたろう)先生
定 員:28 名
受講料:11,000円(税込)


■講師プロフィール
工藤 慎太郎(くどう しんたろう)先生
森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法学科 准教授
森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 准教授
森ノ宮医療大学 卒後教育センター 副センター長

理学療法士、博士(医療科学)、基礎系専門理学療法士
専門は足部のバイオメカニクス、運動器疾患の応用解剖学、
客観的動作分析に基づく運動療法の開発。

<著書>
・運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学
・運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖
・運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略
(いずれも医学書院)

<専門理学療法士制度ポイント認定講座について>
当セミナーは公益社団法人 日本理学療法士協会の専門理学療法士制度ポイント認定講習会・研修会の認証セミナーに申請中です。
本セミナーは該当受講者様の申請により、5ポイントの履修ポイントが得られます。
基礎理学療法専門分野 認定領域:基礎(全領域)
※ポイント申請には、受講後にお渡しする「修了証書」が必要となります。

登壇講師

工藤 慎太郎 森ノ宮医療大学

森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法学科 准教授 森ノ宮医療大学大学院 保健医療学研究科 准教授 森ノ宮医療大学 卒後教育センター 副センター長 理学療法士、博士(医療科学)、基礎系専門理学療法士 専門は足部のバイオメカニクス、運動器疾患の応用解剖学、 客観的動作分析に基づく運動療法の開発。

主催者

ジャパンライム株式会社

このセミナーに関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。登録はこちら)

このセミナーをSNSでシェア!

関連するセミナー

注目講師

もっと見る

注目主催者

もっと見る

セミナーで人気のタグ

タグをフォローしておくことで、自身のフィードに興味のあるセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。(無料会員機能。登録はこちら)

セミナーの掲載をご希望の方へ

XPERTでは、クレカ決済、銀行振込、外部決済、現地決済など様々な決済方法に対応し、セミナーの集客・運営をスムーズに行うことができます。セミナー掲載は無料!是非ご利用ください。

  • セミナー掲載無料*
  • 決済方法選択可能
  • 参加者への一斉通知
*クレジットカード決済の場合、決済手数料が発生します

セミナーカテゴリ