1. トップページ
  2. 運動学・解剖学
  3. 野球のリハビリ・コンディショニングセミナー

このセミナーに参加するには
ログインが必要です

ステータス

参加受付中

お気に入り

0

セミナー概要

【内容】
小学3年生からプロ野球選手まで幅広い年代の野球選手延べ500人以上のリハビリ・トレーニング・コンディショニング指導し、甲子園出場の高校野球チーム・大学野球チーム・独立リーグのチームサポートを行なって来た講師の経験から、再現性の高い内容をお伝えします。

肩の障害予防・リハビリの中で、僧帽筋下部・菱形筋のトレーニング・小胸筋のタイトネスの改善・前鋸筋・ローテーターカフのエクササイズが当たり前のように言われていますが、指導しているメニューは効果を発揮しているのか?

「様々な現場で使われている評価が改善されても、肩・肘の痛みは取れない!」
そんな選手を沢山見てきました。それは何故なのか?
今回、そういった所を問題提議しながら行なっていきます。

【プログラム】
○投球障害肩・肘のリハビリ・トレーニング
○肩・肘のコンディショニング
○投球動作改善メニュー
○爪・マメのコンディショニング

留意事項

【セミナー対象者】
アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナー、理学療法士、柔道整復師、ボディーワーカー、学生、他

【持ち物】
運動のできる格好、室内シューズ

【定員】
20名

※料金キャンセル料について
セミナー開催日、7日前からの受講料のご返金は致しかねますので予めご了承下さい。

講師プロフィール

久下明範

阪堺病院S.C.A
主任

医療法人いずみ会阪堺病院S.C.A(ストレングス&コンディショニングアカデミー) 主任 病院内にあるトレーニングジムや高校野球、中学ラグビー、独立リーグなどでトレーニングコーチを歴任。 小学生〜高齢者、プロ野球選手、プロゴルファー、プロボクサーなど一般〜アスリートまで様々なパーソナルトレーニングを行なっている。 クライアント自身でコンディショニング管理できることを目指し、様々な理論を組み合わせ根本原因改善する方法を提供することに従事している。

主催者プロフィール

木村匠汰

NSCA-CSCS/JATI-ATI/FMS Level1.2 病院内にあるトレーニングジムでストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ、パーソナルトレーナーとして活動中。

主催者への質問

※主催者へのセミナー詳細の質問は、会員登録・ログインが必要です。ログインしてからアクセスしてください。

このセミナーに参加するには
ログインが必要です

ステータス

参加受付中

お気に入り

0