このセミナーは開催終了しました。

こちらのセミナーの講師や主催者をフォローすることで、マイフィードにて新着セミナーをチェックすることができます。

参加者によるレビュー

- 点 / 5.0点 (レビュー件数:0件)

このセミナーのレビューを見る

セミナー詳細

“ロルフィング”とは、“筋膜”へのアプローチを行い、人の身体が本来持つ潜在能力や自然治癒力を引き出すため、動きの妨げになっている全身的な筋膜の捻れ、骨格の歪みなどを正しい位置に戻していくプロセスです。また、身体面だけではなく、クライアントの精神面とも向き合い、筋膜リリースを中心としたセッションを行うなかで信頼関係を築き、不調を改善していくプロセスでもあります。

理学療法士として病院勤務後、アメリカに渡りボディーワークの代名詞でもある “ロルフィング”の資格を取得、帰国後ロルファーとして活動している講師により、本セミナーではハンズオンの技術をしっかりと高めます。

講師自身、医療現場に身を置いていた中で、昨今の医療現場やトレーニング業界、フィットネス業界で「筋膜」という言葉が聞かれる事が非常に多くなったなと感じています。そして、治療やトレーニングにおいて筋膜が救世主のように扱われ、様々な方法論が世に広まっています。そのような方向からみた筋膜というものは構造物としての一方面からのみ見られているような気がします。

欧米では、近年筋膜への研究は進んでいますが、まだまだわからない事の方が多い筋膜。しかしロルファーとして主に筋膜を扱っている中で、この組織には構造的な側面から見るだけではもったいないくらいの魅力が詰まっていると、日々感じています。

私が日々のセッションの中で筋膜の大切な役割の一つだと感じているのは「感覚器官としての筋膜」です。実際に2009年のFascia congressでは筋膜ネットワーク内には赤筋の10倍程の固有感覚受容器が存在するというのも科学的に証明されており、筋膜の癒着や制限を解消する鍵となるのは、筋膜の癒着を剥がすようにグリグリ圧をかけたり、強いストロークをかけたり、フォームローラーのようなものでグリグリする事ではなく、固有感覚受容器を刺激し、神経系のサイクルを改善する事であると考えられています。


本セミナーでは、参加者の方々の日々の活動に活かしていけるよう、世界のエビデンスに基づいた筋膜の解剖・生理学的な部分をおさえた上でハンズオンの時間をしっかり取り、筋膜の層の違いやリリースされる際の感覚を感じて頂く事をメインとしながらも、ロルファーとしての身体の見方もシェアしていき、感覚器官としての筋膜に触れる事で全身にどのような影響が出るかということも参加者の方々の身体で感じて頂きます。

概要/
・上肢の筋膜の繋がり、体幹・上肢との解剖学的関係性を理解する
・横隔膜と中枢神経系やリンパ系との関係性を理解し、身体システムへの影響を体感する
・上肢を中心としたミスアライメントや障害の予防・改善に対応できるようになる
・上肢へのアプローチを通して全身にどう影響するかを2日間を通じて体感し、理解する

プログラム/
・肩甲胸郭帯 触診・アプローチ部位
– 大胸筋(頸部表層筋筋膜との関係。前鋸筋、外腹斜筋との関係。)
– 前鋸筋
– 鎖骨下筋、鎖骨胸筋筋膜(胸鎖乳突筋、鎖骨下筋、鎖骨胸筋筋膜の関係)
– 小胸筋(大胸筋との分化)
– 肩甲挙筋(棘上筋との関係)
– 僧帽筋(上部・中部・下部)
– 菱形筋
– 広背筋(大円筋との関係。大殿筋・中殿筋との関係。)

・肩甲上腕関節 触診・アプローチ部位
– 三角筋(前部・中部・後部と外側筋間中隔の関係)
– 烏口腕筋(上腕筋、内側筋間中隔との関係)
– 上腕二頭筋
– 上腕三頭筋
– 内側筋間中隔(上腕内側動脈・尺骨神経周囲へのアプローチ)
– ローテーターカフ(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)
– 大円筋(Quadrilateral spaceへのアプローチ)

・前腕・手関節 触診・アプローチ部位
– 前腕屈筋群(層の分化)
– 前腕伸筋群(層の分化)
– 腕橈骨筋
– 骨間膜
– 屈筋支帯

セミナーの詳細は下記URL先よりご確認ください。
http://rolfing-roots.com/seminner

両日
9:15~開場
9:30〜セミナースタート
18:00 セミナー終了予定

登壇講師

大橋 篤史 Rolfing Studio Roots 代表 理学療法士

横浜南共済病院にて理学療法士として勤務後、アメリカコロラド州ボルダーに渡り、ロルフィングを学ぶ。 2016年7月より横浜市中区山下町にRolfing Studio Rootsをオープンし、トップアスリートや女優、アーティストを始め、運動歴のない一般の方まで幅広くロルフィングを提供すると同時に、医療従事者やボディーワーカー向けの筋膜リリースセミナーを開催し、正しい筋膜の知識・スキルの普及活動を行っている。

留意事項

【キャンセルポリシー】
開催日から21日以内のキャンセルにつきましては参加費の返金はできかねますのでご了承下さい。
自然災害等によりやむお得ずセミナー開催が困難になった場合や、セミナー主催者の都合による開催中止の場合は参加費を返金させて頂きます。

【感染予防対策について】
Rolfing Roots主催のセミナーに関しては、日本理学療法士協会が採用しております以下の厚生労働省によるガイドラインを基に施設の準備を致しております。

今年度開催分のセミナーに関しては、例年の定員よりも少ない人数(10〜12名)で開催し、出来る限り広い会場を借り、各テーブル間を最低でも1メートルはとって学べる環境に整えています。3密を避けての受講が可能となっています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000635378.pdf

セミナー中はインストラクター、受講者様、スタッフ全員が基本的にはマスク着用になります。又、アルコール消毒剤を用意し、会場の換気も行っています。

主催者

Rolfing roots

横浜南共済病院にて理学療法士として勤務後、アメリカコロラド州ボルダーに渡り、ロルフィングを学ぶ。 2016年7月より横浜市中区山下町にロルフィングRootsをオープンし、トップアスリートや女優、アーティストを始め、運動歴のない一般の方まで幅広くロルフィングを提供すると同時に、医療従事者やボディーワーカー向けの筋膜リリースセミナーを開催し、筋膜に関する正しい知識・スキルの普及活動を行う。

主催者へのお問い合わせ

※主催者へのセミナー詳細の質問は、会員登録・ログインが必要です。 ログイン してからアクセスしてください。

このセミナーに関連するタグ

興味のあるタグをフォローしておくことで、自身のフィードに関連するセミナーやコラムを優先的に表示させることができます。

関連するセミナー

セミナーの掲載を ご希望の方へ

XPERTでは、クレカ決済、銀行振込、外部決済、現地決済など様々な決済方法に対応し、セミナーの集客・運営をスムーズに行うことができます。セミナー掲載は無料!是非ご利用ください。

  • セミナー 掲載無料*
  • 決済方法 選択可能
  • 参加者への 一斉通知
*クレジットカード決済の場合、決済手数料が発生します