1. トップページ
  2. 運動学・解剖学
  3. 金沢開催【呼吸と運動機能への統合的アプローチ:骨盤帯①/胸郭肩甲帯①】

このセミナーに参加するには
ログインが必要です

ステータス

参加受付中

お気に入り

0

セミナー概要

骨盤帯①では骨盤帯の機能評価をした後、運動により骨盤帯を適切な位置に誘導し、その位置で運動感覚を養い、腹筋群、下肢の筋群、骨盤底筋群など骨盤周囲の組織が高次の要求にも耐えうる状態をつくる方法を学びます。

胸郭①では胸郭肩甲帯の評価をした後、運動により肋骨、鎖骨、肩甲骨、胸椎、頸椎を適切な位置に誘導し、呼吸などの原始動作や胸郭肩甲帯に過負荷のかかる投球スポーツ等のストレスに対応できる状態をつくる方法を学びます。

※骨盤、胸郭肩甲帯、下肢、上肢、呼吸、感覚、脳と脳神経、末梢神経等の講座がありますが、骨盤帯①、胸郭①、呼吸①②は全ての講座の基礎となる内容ですので可能であれば他の講座の前にご参加ください。

※講座の半分の時間は運動療法の実技となりますので、動きやすい服装でご参加ください。

基本的に録音、録画は不可ですが、講師による実技デモの撮影はOKです。

参照協会
Postural Restoration Institute
Carrick Institute
Z-Health
C.H.E.K institute
Dynamic Neuromuscular Stabilization
Buteyko Breathing
Janda approach
Low back Disorder/Ultimate Back Fitness and Performance
Movement Impairment Syndrome
Mouvement Naturel (MovNat)、その他

参照資料
Leon Chaitow:Neuroplastic Physical Medicine
Randy Beck:Functional Neurology for Practitioners of Manual Therapy
Explain Pain Supercharged:David Butler
筋骨格系のキネシオロジー
カンデル神経科学 JJ. ギブソン:生態学的知覚システム
ニコライ A ベルンシュタイン:デクステリティ 巧みさとその発達など

【目的/対称になる症状】
・痛み改善 ・姿勢改善/アラインメント調整
・動作改善 ・疲労回復
・婦人科系疾患の改善
・呼吸機能改善
・睡眠機能改善
・免疫機能改善
・冷え性
・コリの改善、その他

当日のタイムスケジュール

【12/21 骨盤帯①の主な内容】
・運動の生成:骨盤帯の役割
・グラウンディング/アーシング
・身体の構造的&機能的連動:運動連鎖、骨連鎖、多関節連鎖、筋膜連鎖について
・骨盤帯の機能解剖学(骨):腰椎、仙骨、寛骨、大腿骨、靭帯などの結合組織
・骨盤帯の機能解剖学(筋):骨盤底筋群、腹筋群、ハムストリング、内転筋群、殿筋群etc
・呼吸機能と骨盤帯の連動
・骨盤帯の機能不全による疾患
・障害リスクと予防方法
・骨盤底筋群の評価と介入方法
・骨盤帯のポジション評価/改善法
・骨盤帯への徒手療法/運動療法
・レジスタンス・トレーニング:骨盤帯
・歩行に必要な感覚機能の評価/改善方法
・歩行のカテゴリー分け(I,II,III,IV)
・歩行の補助ツール(テーピング、スティック、シューズ等)
・質疑応答

【12/22 胸郭肩甲帯①の主な内容】
・運動の生成:胸郭肩甲帯の役割
・身体の構造的&機能的連動:運動連鎖、骨連鎖、多関節連鎖、筋膜連鎖について
・胸郭肩甲帯の機能解剖学(骨):肋骨、鎖骨、肩甲骨、肩甲胸郭関節、肩関節、靭帯など
・胸郭肩甲帯の機能解剖学(筋):前鋸筋、腹筋群、僧帽筋群、菱形筋、鎖骨下筋etc
・呼吸機能と胸郭肩甲帯の連動
・胸郭肩甲帯の機能不全による疾患
・障害リスクと予防方法
・胸郭肩甲帯のポジション評価/改善法
・胸郭肩甲帯への徒手療法/運動療法
・レジスタンス・トレーニング:胸郭肩甲帯 ・オーバーヘッドスポーツに特異的な評価
・質疑応答

留意事項

単日でのご参加も受付ております。
なお単日の参加費は、¥16,500円です。

【お申し込みフォーム】
※自動返信メールにて振込先やその他の確認事項をお伝えします。

※お申し込み後期限内の振り込みをお願い致します。

お問い合わせ:diversity.lab.kanazawa@gmail.com(担当:林)

講師プロフィール

近藤 拓人

AZCARE 株式会社
代表取締役

主催者プロフィール

Diversity Lab.

【北陸の医療・スポーツを盛り上げたい!北陸の人を健康にしたい!】をテーマに一つのことにこだわらず勉強していくグループです。 diversity:多様性 治療や施術方法にも一つにこだわずdiversityに。 メンバーも理学療法士、作業療法士、トレーナー、鍼灸師、柔道整復師、医師、インストラクターなどdiversityに。 様々な職種の方と連携し、地域でシームレスな医療体制・スポーツ体制できるように勉強会を開催しています。

主催者への質問

※主催者へのセミナー詳細の質問は、会員登録・ログインが必要です。ログインしてからアクセスしてください。

このセミナーに参加するには
ログインが必要です

ステータス

参加受付中

お気に入り

0