1. トップページ
  2. 運動学・解剖学
  3. 東京開催【運動と感覚の統合①②③:体性感覚/視覚/前庭覚】
7
13

東京開催【運動と感覚の統合①②③:体性感覚/視覚/前庭覚】

主催:
講師:

このセミナーは終了致しました。

レビュー平均:0.00 / 5

0

ステータス

開催済

お気に入り

1

セミナー概要

7/13(土曜日)運動と感覚の統合①:基礎&体性感覚

運動の生成において感覚機能(例えば視覚や聴覚、触覚やボディーイメージ)は重要な役割を担いますが、運動と感覚の統合ができなければ不適切な筋緊張や動作不良を産み、ケガや不調のリスクが高まります。基礎編では感覚機能の理解を深め、痛み、姿勢、動作改善等に活用する方法を学びます。

主な内容
・インプット→インテグレーション→アウトプット
・3つの感覚システム
・意識的運動と無意識的運動
・自己定位(認識の軸XYZ、ボディーイメージ、身体感覚)
・運動多様性
・姿勢/動作の成り立ち
・体感覚システム
・ミラーイメージ・ミラードリル
・運動イメージ
・コントラクタイル・マッピング
・ジョイント・マッピング
・体感覚機能の評価/改善方法

7/14(日曜日)運動と感覚の統合②:視覚システム/歩行
  
視覚システムと歩行の関連を学びます。視覚システムは全ての感覚の中で最も力の強いシステムであるため大きな変化を起こす可能性を持っています。この講義では視覚システムを細分化して評価ができるようになります。また視覚と歩行の関連、感覚機能に特化した歩行の評価を学びます。

主な内容
・視覚システム
・オプティックフロー vs 固定視
・グラウンディング
・センタリング
・視覚機能の評価
・視覚機能と歩行の生成の関連
・歩行に必要な感覚機能の評価/改善方法
・歩行のカテゴリー分け(I,II,III,IV)
・歩行の補助ツール(テーピング、スティック、シューズ等)


7/15(月曜・祝日)運動と感覚の統合③:前庭覚&実践
 
前庭システムを学びます。前庭システムは自己の知覚、運動の知覚に必須となるシステムです。この講義では三半規管や耳石器、またそれらと連結する機能を評価して介入する方法を学びます。
慢性疼痛や姿勢不良、動作不全、パフォーマンスアップに活用できる内容です。

主な内容
・前庭システム
・三半規管の機能と評価
・耳石器の機能と評価
・聴覚情報の影響と介入方法
・めまい、ふらつきの評価と運動介入
・前庭脊髄路の機能と活用法
・前庭システムのトレーニング

留意事項

※15日のみ会場が異なりますのでご注意くださいませ。

7月13、14日・大田文化の森
7月15日・新井宿会館
>>会場間は徒歩3分ほどの近い場所にございます。

※1日のみの単日参加も募集しております。
※詳細につきましては外部サイト・申込フォームをご参照くださいませ。

※このセミナーに参加するをクリックいただくと外部サイトへのリンクページが表示されます。

講師プロフィール

近藤 拓人

AZCARE 株式会社
代表取締役

主催者プロフィール

柴森 雅子

主催者への質問

※主催者へのセミナー詳細の質問は、会員登録・ログインが必要です。ログインしてからアクセスしてください。

7
13

東京開催【運動と感覚の統合①②③:体性感覚/視覚/前庭覚】

主催:
講師:

ステータス

開催済

お気に入り

1